フィラリア予防

夏が近づく5月ごろから動物病院に行かれると、フィラリアの予防についてのポスターを見たり、説明を聞いたりという機会が多くなります。
でも、「なんだか良く分からない」という方も多いはず。そんな方のために、今回はフィラリアについてご説明します。


どうやって寄生するのか?
蚊が血を吸うときに感染能力を持った子虫(ミクロフィラリア)が体内に入って寄生します。
皮膚の下や筋肉などで成長し、やがて血管を通って心臓とその近辺(肺動脈)に寄生します。


どんな症状がでるのか?
症状としては、咳をし運動を嫌うようになります。
症状が重くなると、寄生した虫が心臓に負担をかけさらに心臓以外の臓器にも鬱血状態を起こして
機能不全を引き起こすこともあります。
そして最悪の場合は、死に至る場合もあります。


予防と対策は?
予防薬(錠剤、チュアブルタイプなど)を投与することが最善策です。
虫が心臓に達すると手術または、副作用の強い薬を使用することになるので、その前に退治するためです。
蚊が発生する4月から12月の間に薬をきちんと投与していれば退治できます。

「家の中で飼っている」ことは予防をしなくて良い理由には全くなりません。
他でもない飼主の私達が明日、外から蚊を連れて帰ってくるかもしれないのです。
愛犬の命は飼主さんの気持ち一つでどうにでもなるのです。大切な愛犬のためにも、ぜひフィラリア予防を行ってください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペットクラブ

Author:ペットクラブ
ペット共生型住宅である神奈川県横浜市保土ヶ谷区明神台3街区のペットクラブブログです。
ペットクラブのお知らせや活動報告などをしてまいります。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
ブログ内検索